こっこの暮らし

50代主婦こっこの日々の暮らしと思うこと。

続きです。骨折?幻覚?認知症?驚きましたよ、本当に。

お話の続きです。

福祉タクシーを利用し、 やっとのことで 整形外科を受診できた母。

転倒など 怪我することは 何もしてないと言うのに 骨折していて 私はびっくりしました。

というところで 前回のお話は終わっていました。

 

さらに母は

知らない男の人が 台所の小さな小窓から 夜中に入ってきて 機械を設置して コーヒーを入れて行った。絶対 現実にあったと言い張る。

f:id:cotoriko:20211130003315j:image

幻覚か?認知症か?統合失調症になったか?

いったいどうなるのかと不安しかありませんでした。

 

開業医の整形外科の先生は どうも左の大腿骨のあたり、骨に異常があるようだと言われましたが

母が痛がるのは 右のふくらはぎ。

何?なんで?

意味がわかりません。

 

コーヒーの男も 絶対来たと言い、意味がわかりません。

 

とにかく レントゲンだけでは はっきりしないから 総合病院へ行ってと

結局 救急車で 総合病院へ。

 

嫌がらないで 最初から 救急車を呼んだらよかったのに。

‥‥疲れます。

 

救急車に乗る頃から熱が出始めたので

コロナウィルス感染も考えなくてはならないのか

救急車もなかなか出発しないし、

総合病院に着いても なかなかCTやMRIも撮ってもらえません。

 

詳しい検査は PCR検査をしてからだそうで

医師は 外来と救急をかけ持ちしているため、

なかなか現れず、救急隊も 待ちぼうけをくらっていました。

私たちもひたすら待ちました。

 

昼の12時半くらいに救急車に乗り、

検査が終わり 入院が決まったのが夕方5時前でした。

 

左大腿骨大転子部剥離骨折。

f:id:cotoriko:20211130003629j:image

右ふくらはぎは 異常なし。

 

そんなこともあるのですか⁉️

痛い場所と怪我の部位が 反対側の足だと言う人がいるのですか⁉️

びっくりしました。

 

入院が決まったころには 左足を痛がっていて

普通になっていましたが。

 

でも なんで 骨折したのでしょうか?

 

謎は 次の日に解けました。

 

「思い出したよ!

 ズボンを履き替えようとして 

ちょっと 横着して 立ったまま何にもつかまりもせずに 片足あげたものだから

ステン!とこけたんよ。頭打ったんよ。」と母が言いました。

 

転んで 頭と足を強く打った。

大腿骨骨折し、頭をうって記憶が飛んで、痛みもよくわからなくなった。

 

コーヒーの男は幻覚か夢かわかりませんが

 

このようなことだったのではないかと思います。

 

 母は しばらくの間、コーヒーの男は 絶対いたと言いはりました。今現在は いたと思うんだけど‥くらいになりましたが。

f:id:cotoriko:20211130002726j:image

教訓。

誰かが 怪我をしたとき、 

その人が言うことを全部信じては いけない

時もある。

こちらもびっくりして その人が言うことを

ついつい 信じてしまいそうになるが 

気をつけなされ。

真実は 別にあるかも知れない。

あと、

自分で動けないのなら 嫌がっても 救急車を呼びましょう。

 

 

もう 本当に疲れました。

 

母は 足が悪いにもかかわらず

以前 やっぱり横着して 肩を脱臼し、何ヶ月も入院した経歴の持ち主です。

そのときも 怪我をしたことをすぐに連絡せず大事になりました。

私はその時 円形脱毛症になりました。

今回私は 不眠と胃腸障害です。

 

子の心 親知らずですよ。2回目ともなれば

わたくし、お怒りモードです💢

 

いつかの普通なお弁当。

 

f:id:cotoriko:20211129235719j:image

味たまごにハマっている 長女のお弁当です。

ちなみに母は 私の長女が働く病院にリハビリのために転院しました。

長女のためにも お利口にしてください。

周りの方を決してびっくりさせないで下さいまし。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村